プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
9歳、7歳、4歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
矯正中
力の問題か、慣れの問題か分からないけれど、どちらにしても早い段階に正しい感覚を身に付けてもらいたいなと思っています。全ては弓を持つ手の問題なのですが、何かいい方法はないかなぁ~と考えて、長男がどこからか拾ってきた鉛筆の持ち方矯正のためのグリップがあったので、弓先に付けてみました。これで小指は安定。なかなか使えるな!あとは、指板にいかないための器具をつけて、とりあえず音が鳴るようになりました。数日つけてみて、はずした時にどうなってるか。ただ器具にたよってるだけなのか、感覚が身についてきてるかわかると思います。

わたし、楽しみすぎですね^^;

スポンサーサイト
うんていのやる気スイッチ
「うんていを見てもらいたい」と言われて、迎えに行くことになりました。できるようになったと言われたけれど、できたというのが、2つ目くらいまで・・・。たしかに全部とは言っていなかったけれど・・・。そのうち、突然消えたと思ったら、教室でお絵かきを始めようとしている。。。お絵かきするなら私は帰ります。。。そんなやりとりもありましたが、なんとかうんていを始めたら、できないなりに、がんばる気持ちはあるらしい。お友達が全部できるんだって。それで、できるようになりたいらしい。右手でぶらさがることができるけれど、左手でぶらさがるのが怖かったらしい。それができるようになったら、半分を越したところまでできるようになりました! うちの近所の公園には、どこにもうんていがない。私が幼稚園の時は、家の目の前の公園に長いうんていがあって、毎日毎日、雪の降る日もやっていました。私のあだなは子ザルだった^^; やる気があるなら付き合ってあげよう。お兄ちゃんの時も、朝5時に起きて公園通いして逆上がりの練習したし、幼稚園は遠いけれど、それを思えばまだマシかな。
農家からの届け物
美味しい美味しいお米を、本場新潟で作っている知り合いがいます。美味しいお米って本当に幸せ☆一口一口噛みしめながらいただき、日本人で良かった~と思うのですが、今度は無農薬の野沢菜とカブをいただきました。生の野沢菜って初めて見た!大きい!お漬物になったものしか見たことがなかった。せっかくの生なので、お浸しとか、炒め物とかで食べられるのかな?と調べたのですが、やはり漬物なのか? よく分からないので、結局お漬物にしてみました。じっくり食べられるし、色々使えるし、食べるのが楽しみ♪ カブは、好きだけど料理をしたことがなく。。。シチューとかも美味しそうだなと思ったのですが、シンプルに塩でもんでツナと和えてサラダに。そしてカブの葉のふりかけも作りました。これが美味しすぎる!!!1個分の葉では足りない。。。絶品です。

息子の将来の夢は、田舎に家を持つこと。お庭が欲しいそうです。お花も好き。野菜も育てて、自給自足するのが夢なんだそうです。自分で育てて収穫したお野菜は格別でしょうね。自然の恵みに感謝して、いただきます。

次女の昨晩の寝言。

「れ!」・・・

ん?れ? あまりにも短く突発的だったので喉に何か詰まったのかなと思いました。考えているうちに、二言目が。

「れってうたってるの」

ぷぷぷっ。練習の成果がでているようで(笑)音がなかった子が、2日目には音がとれるようになってきましたよ! 最初のラの音はだいたいとれる。のぼりは大丈夫。下りは急に音程が下がる。一歩一歩♪ ヴァイオリンって、左手が全てに見えて、弓の持ち方がこんなに大事なんて、最初は気付かなかった。でも弓を持つ手が命なんだな~と今は思います。なかなかうまく持てなくてね。力の加減が難しいのか、弓が傾いてしまい、上に乗ってるはずの小指が前に出てきてしまう。それで、製本テープで小指を固定したらマシになったけれど、問題は親指だな。なんかいい矯正方法ないかな~。親指を入れるポケットをつける?^^; 矯正器具は売ってるんですが、今教わってる持ち方には使えないんですよね。。。毎日試行錯誤。今夜の夢はなにかな(笑)



練習
練習日誌のようになっているけれど^^;

ヴァイオリンは、シ→ド→レって順番に1本ずつ指を置いていき、音が下がる時は逆に1本ずつはずして、レ→ド→シになるのですが、頭でわかっていても、レからドにしたいのに2本はずしてしまってシになってしまう。体がついてこない。うーむ、難しいのか?。。。で、爪にシドレと書いてみた。それで指だけの練習。見ればなんの音が鳴るのかがわかる。
・音程をとって歌えるようになろう。
・レ→ドの指をおぼえよう。
・おなじ弦をひけるようになろう。

いやぁ、できなさにびっくりしながら、がんばっています--;