プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
9歳、7歳、4歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
アメリカ台所事情
ワタクシ事ですが、アメリカに来て3ヶ月、
最近ホームシックです、胃が。。。^^;

胃の調子を悪くしたときに、
戴いた鮎の甘露煮を食べたら、
全身に染み渡り、すっかり日本食が恋しくなりました。
ハリウッドでも、久々のお寿司に、
タイすきに(日本食じゃないけど^^;)


魚は種類が少ないので、食べてもサーモンくらいですが、
最近はめっきり食べていません。
帰ったら、秋刀魚を食べたいな~
今は、レンタカー最終日に買い込んだ
サンマの缶詰めでしのいでいます。


最近は、朝は醤油ゴマおにぎりや、
おかかご飯に、昆布茶をすする。
夕飯は、生姜焼き、肉じゃが、豚の角煮、
コロッケ、トンカツ等々。
あと、すごい勢いでサラダを食べております^^;


DSCF7706.jpg

脂たっぷり^^;;
さすがに排除しますが、ほとんど脂~


●肉
アメリカには、薄切り肉というものは、
ほとんど存在しません。
たまにTHIN CUT=薄切りと書いた肉もありますが、
日本のステーキくらいの厚み^^;
肉の塊を見てしまうと、献立も浮かんできません。。。
でも、母から『肉を冷凍すると薄切りにできる!』との情報を得て、
それからは、いい感じの薄切り肉ができています!
牛、鶏は安く、豚がちょっと高い。
豚のミンチはないことも多い。(宗教の問題かなぁ)


●卵
『アメリカでは生卵が食べられない』と聞き、
日本を出発する前に、卵かけご飯を食べ続けました^^
よくよく調べると、アメリカは生での食用を前提としていないため、
賞味期限が長いから、買ってすぐなら大丈夫だとか。
さすがに卵かけご飯はこわいので、すき焼きを!
大丈夫でした!ホッ*^^*
アメリカでは紙パックに入って売られているので、
日本みたいに外から卵の状態が見えません。
割れてることが多いので、いちいち開けて、
チェックしてから買うのが大事!


●野菜
すべて、1ポンドいくらと、量り売り。
測りは置いてあるけど、いまいち
いくらか、ぴんとこない。
ま、でも玉ねぎ1つでも個体差があるから、
平等といえば平等ですね。


そうそう、こっちには根菜類がほとんどない。
しなしなの大根は売ってますが、
私の大好物のれんこん、ごぼうがない!!!
最近戴いたごぼう菓子が、3ヶ月ぶりの根菜類でした。
帰国したら、きんぴらをたらふく食べたいなぁ~


スーパーでの買い物だけとっても、
日本と違って新鮮です。
レジでも、日本よりいっぱい会話があるし。


そんなこんなで、アメリカ生活残り半分です~。
スポンサーサイト

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

交通事情
サンディエゴに来た最初の日、
信号で待っているのに、
いつまでも信号が変わらない。。。


は?


◎交通ルールその1
こっちでは、横断歩道は、
ボタンを押さないと青になりませんっ。


なぬっ。
面倒くさいような、でも効率的か。


/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/


車、左ハンドル、右側通行。
私は運転をしないから、左ハンドルはそんなに
気にならないけど、右側通行が気持ち悪い^^;
左折するときにこんがらがる。
そして、赤信号なのに進んでくる車!


◎交通ルールその2
赤信号でも一旦停止後右折可!


これは、けっこう便利♪


/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/


そして、フリーウェイで見かける
Carpool Lane (カープールレーン) 。
乗せてくれた不動産屋さんが、
えっと、3人だからOK!と空いてるレーンへ。


◎交通ルールその3
時間帯によって、2人、または3人以上乗ってる車が
通れる道がある!
渋滞緩和のためで、こっちの方が空いているので、
普段家族で移動する私たちにとってはいいルール。


/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/


他にも、踏切では徐行のみで止まらない、とか
スクールバスの乗降中はみんなストップ、とか
いろいろあるようです。


その1、その2は、普段歩いてるだけでも感じる違い。
なかなか新鮮です。
感動なのは、歩行者に優しいところかな。
必ず止まってくれるし、それもかなり手前でなので!


アメリカらしく、合理的でいいなぁと思う、
アメリカの交通事情でした!

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

炊飯器
掃除機に続き、本日紹介するのは、
コチラのかた!ジャジャンっ


DSCF7460.jpg


一応炊飯器!・・・っです。。。
大きさは、ちょうど樹の
おすわり遊びにぴったりな感じ^^
やっぱり、コードは収納できません。


使い方は、初心者でも簡単。
中央下に、スイッチがあります。
上段に KEEP WARM
下段に COOK
と書いてあるので、炊きたいときに、
スイッチをカチッと下にするだけ。
20分強で、カチッと上がって炊飯完了!


シンプル イズ ザ ベスト!


一応・・・というのは、
KEEP WARMは、日本の感覚で
『保温できるんだ~』と調子にのって、
つけっぱなしにすると、2時間もすると、
熱でご飯がカチカチに。。。
炊飯器なのに、ところにより、おこげ。
たまに、ところにより、ビショビショだったり。


でも、鍋で炊くよりずっと楽チンです。
こちらのキッチン、渦巻き電熱器なので、
強さを変えても、余熱が残ってしまうので、
焦げてしまうことが多かったので。


DSCF7467.jpg


日本のと違うのは、
もうひとつ入れ物が付いていて、
野菜をスチームできます!と。
そうそう、音はうるさくないので安心*^^*
このスチームバスケット付き炊飯器は15$。
その後行ったWALMARTでは、
バスケットなしで10$以下を発見しちゃいました(>_<)


DSCF7461.jpg


問題というほどのものでもないですが、
まぁ、こんな感じで かぱかぱ なんですよね^^;
ふたも のってるだけ。
とにかく軽い。
ということは、まぁ、炊飯器としては・・・というところですが、
これのおかげで、毎日お米を簡単に食べられるわけです。

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

リサイクル事情
知らないと損するCRV

ここカリフォルニアでは、飲み物購入時に、
CRVが、加算されます。
毎回取られるCRV。
いったいなんだろうね、と調べたところ・・・


The California Redemption Valueの略で、
ペットボトル、ビン、缶など、リサイクルできるものの
デポジットを取られるんです。


DSCF7457.jpg


【ペットボトルはラベルに】


IMGP2972.jpg


【こんな見にくいところにも!】


DSCF7459.jpg


こんな表示のあるものは、CRVを取られます。
でも、容器を戻せば CRV を返金しますよ、
というリサイクルのシステム。
缶1つ戻せば5¢(約5円)返金されます。


DSCF7420.jpg


スーパーの裏に、リサイクルセンターはあります。
あるのは知ってたけど、そういうところだったのね~


DSCF7453.jpg


数が少ない時は個数で、
多い時は、重さで換算して、
こんな紙をくれます。
缶2ダースとペットボトルで、5.51㌦也!!!
重さ換算だと、取られたより、多く返ってきてる気が。


DSCF7454.jpg


そして、レジに持っていくと、
こうやってお金になるわけです。


なんだか得した気分ですが、
ただ、前もって払った分が、
返ってきただけなんですけどね^^;


知らないと損する、アメリカCRV事情でした。


気づいて、気になって、調べてくれた
パパさんのお手柄でした。パチパチ


ちなみに、今日調べたところによると、
新聞も払い戻しされるとか?!
うぎゃっ、昨日ゴミに出してしまった^^;;;

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児

モンスター掃除
先日、アメリカの掃除機が、
もんーーーーーーのすごい音だ!と書きました。
記事はコチラ↓

http://ranran329.blog27.fc2.com/blog-entry-194.html


ポケットの中味のどらさんがコメントで、
カナダ生活の時の様子を知らせてくれましたが、
同じように感じていて、しかもほとんど変わってない~!と
思わず苦笑してしまいましたが、
あらためて紹介しようと思います!


DSCF7192.jpg


【キミ、背高いねぇ~】


身長は私の胸くらいの高さ。
体重5Kgほど。
ひと一人立ってる感じです(笑)


コードは収納不可。
いわゆるサイクロン式の掃除機。
紙パックは不要で、
取れたゴミがパッと見える。
こんなに取れたのかぁ!と感動するほど。
空気を汚さない!が、うたい文句だったはず。
赤ちゃんのいる家庭にいいねぇ!と喜んでいた。


DSCF7195.jpg


で、使おうと思ったらスイッチが分からない。
あちこちさわって、発見!
足元に付いてました。
この赤いペダルがON/OFF。
黒いペダルが、角度の調節。


初掃除機日。
スイッチオン!
ゴォォォォォォーーーーーーー!!!( ̄□||||!!
そして、前回の日記に書いたように、
樹はビリビリ震え、大泣きしたのでした^^;;;
もちろん、強さの調節はできません。。。
ひたすら、強強強・・・!!!


それ以降、週末に樹を外に連れ出してもらって、
その間に掃除機をかけるのですが、
『30メートルくらい離れたポストまで聞こえたよ~』と
報告をもらうほど^^;


かけてる私はといえば、爆音の中で、
重い掃除機をかかえ、
(コロコロ軽く引きずれるわけではなく、
ゴリゴリ押し付けるような、
土木工事でもやってる感じなのです。。。)
しかもしかも、竜巻のような風が起こるので、
それを浴びつつ、掃除をするわけなのです。


モンスターとの付き合いはまだまだ続く。。。
でも、帰国して何年後かには、
懐かしく感じるのかなぁ。
続きを読む

テーマ:日常のひとコマ - ジャンル:育児