プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
9歳、7歳、4歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
カメカメ~

DSC02551

今日は幼稚園のリズム会でした。例年12月に行っていたものを、今年から3学期に移動。一番インフルエンザの流行る時期で心配でしたが、みんな揃って行うことができました。冬休み明けからのスタートで3週間ほどしかなかった練習、みんなで何のお話しにするか決め、歌や踊りも自分たちで案を出しながら決めていくんだそうです。今年は浦島太郎で、長女はカメを演じました。乙姫様とか竜宮ガールを女の子たちがやる中、かなりのこだわりを持ってカメを選んだらしい。このリズム会の前は、半日保育が一日になったり、土曜日もあった上で今までは日曜日に実施されていたので、結構ハードだったのですが、体力もついたし日程も変わったし、先生の上手な接し方もあるのか、毎日が楽しくて、取り組む期間が短かったのが残念なくらいでした。それでも子供たちの歌も合奏も劇も、とてものびのびしていて、素敵な会でした。それぞれの学年が自分たちらしさをよく表しているなぁという感じでした。長女に関して言えば、日常生活がごっこ遊びのような人なので、演じるとか歌って踊るというのが大好きなようで、本当に生き生きした時間でした。見てのお楽しみって言いながら、トイレでもお風呂でも大きな声で歌ってましたからね^^; 年中も残すところ1ヶ月ほど。あっという間ですね~。みんな立派な年長さんになれるな!と確信した一日でした。


スポンサーサイト
長女縄跳び練習


お兄ちゃんが縄跳びブームなので、せっかくなら長女も!と練習開始。
とりあえず、縄が回ってきて1回ジャンプはできていたのですが、2回目以降がうまく回らない。どうしても手を振り上げてしまうんですよね。それで、縄がうまく弧を描けずに首に引っかかったりしてしまう。縄だけを回す練習もしました。それなら上手に肘から先だけで回せるのに、実際に両手に縄を持つと全然違うものになってしまうもので。。。ただ、タオルの先を結んで少し重くして、それを1本ずつ両手に持たせて回すと、それまできき手じゃない方が手に巻きついてしまっていたのは解消されました。利き手の振りおろしが強すぎて、飛びながらくるくる回ってしまうこともありました。3回目で必ず引っかかるので、3回を目標にして練習し、3回飛べるようになったら、翌日にはぐぐっと増え17回まで。まぁ飛び方はさておき・・・。回数が増えて楽しい楽しい♪と飛んでます。あとは慣れかな。長男も飛ぶごとに洗練されていったので、楽しく続けていくことにします! きっと上手に飛べるようになった暁には、この動画が懐かしく感じられるでしょうね~。
祝長女5歳

P1050366

長女、5歳になりました。長女が誕生した年に主人も会社を始めたので、そちらももう満5歳。あの頃は大変な日々だったなぁと思いだします。しっかりしていて聞き分けもよくて、手のかからない長女ですが、昔のブログを読み返してみると、2歳までは困ったことも色々あったようで・・・。今はすっかりいいお姉ちゃんになりました。長男と一緒に早く遊べるようになったらいいなと思ったこともありましたが、今やすっかり対等。長男より強いことも多々あります。小さかったけれど、もう少しで100cmも越えそうです!

☆好きなこと

字や手紙を書くこと、小さい子の面倒を見ること、おてつだい、泳ぐこと、おうちごっこ、砂場遊び

☆好きな食べ物

きゅうり、にんじん、シュークリーム、味噌汁ご飯

☆性格

きっちり!

 

長女に願う今年の目標は、縄跳び前飛び飛べるように、お箸を使えるように、スキーでゲレンデに出られるように、ピアノを日々練習。って感じかな。得意のコツコツ積み重ねで、今年も着実に成長していってくれることと思います。年長さんに向けて、そしてあと1年ちょっとでなる小学生に向けてがんばって過ごしていこうと思います。

3連休、昨日も、誕生日の今日も長女の希望でプールへ。イルカと言って、クロールのターンみたいなものができるらしい。活発な子になってくれて、嬉しい限り。


メリークリスマス♪


メリークリスマス♪
長女より皆さんに、ジングルベルのプレゼント。
良いクリスマスになりますように。
年中2学期面談
長女の面談に行ってきました。2学期、長女は色々ありました。最初は給食が嫌で幼稚園に行きたくないと言い、その後、運動会の練習で幼稚園をお休みしたいと言った時期がありました。お泊り保育が不安だった時期もありました。その都度先生に報告し、長女の気持ちを聞いてもらい、先生に話をしてもらって解決してきました。マジメすぎて全部完璧にできなければ!と思ってしまう長女ゆえの悩みなのですが、給食なら全部食べられなくてもいいから、どこまで食べるかを自分で決めること、運動会では、長女の頑張りを認めてくれながら、過程を大事にする気持ちを伝えてくれたり、お泊り保育では待ってる楽しいイベントを時間をかけて説明してくれたりしました。できない時にどうやって心の対処をしたらいいか教えてくれました。いつも前向きに明るく、みんなに楽しいことをして笑わせてあげるから、友だち関係も良好です、お兄ちゃんを見ているようです(笑)と言っていました。お兄ちゃんの人を笑わせる性格にずいぶん助けられた長女ですからね。2学期がんばったことは、運動会のパラバルーン、3学期にがんばりたいことは、パラバルーンだそうです、もうやる機会はないですが。。。あんなにできなくて、嫌がっていたものだけど、それを乗り越え、いい思い出になったんですね。今でも遊びでパラバルーンをやっています。一生忘れないだろうな~。私も最近、次女の児童館のイベントで初めてパラバルーンをやりました。大きな布をみんなで持って、膨らませて家を作ったり、中に入って山にしたりするのですが、ひとりでも気を抜いたりタイミングをあやまると、うまくできないんです。あれを見事に仕上げた子供たちは本当にスゴイ!改めて感動しました。

長女の先生は、私は幼稚園で一番プロだと思う、ずっとつきたかった先生でした。この先生のクラスは毎年とびきり歌が上手で、とびきり落ち着きがあって、とびきりのクラスだなと9クラスある中でそれが年長でなくても目を引く感じでした。運動会後の園児係りのお母さんたちの感想でも、このクラスのしっかりさをみんな口にしていたけれど、先日地蔵祭りに行った時に、このイベントはお祈りをしたり、歌を歌ったり、お焼香をするおまつりなのですが、年長と同じくらい、いや、年長を上回るくらのピシッとしたクラスで驚くほどでした。それで、今回、育児の参考までに、感じたことを伝え、先生の保育するときの心構えというか、意識して接することが何かを聞いてみました。先生のおっしゃっていたこと。

こうしなさいとは言わないようにしています。先生の思ったことを、「先生はこう思ったんだけど、あなたはどう思う?」と尋ね、考えさせます。地道なものだけど、日々それを繰り返すと、子供同士で気付くようになり、「今先生が話しているから聞こうね」とか、自分たちで考えて行動できるようになっていく、日々の積み重ねだと思います。

・・・長女がすごく歌が上手になって、音程も取れるようになって、歌が大好きになって、毎日歌っているので、普段の音楽の取り組みも聞いてみました。

一度には覚えられないので、少しずつ、音程を取りながら、ひとつの音を出して、アーとか言いながらこの音出せるかな、とやっています。高い音ならお姉さんの声を出してみよう!低い音ならお父さんの声を出してみよう!と言って、音の幅を出したり、大きな声でなくていいから、綺麗な声で歌ってみよう。歌ったら、綺麗な声で歌えたかな?お花なんこ咲いたかな~なんて言いながら取り組んでいます。

だそう。このクラスは、どなって歌う子はひとりもいないのよね。みんないい顔をして歌ってます。先生のこんな魔法の言葉で、子どもたちはスクスク成長しているんですね。生真面目な長女は、先生の言葉をひとつも逃すことなく吸収していって、本当にいい時間を過ごさせてもらっています。人の気持ちを考えて!とお兄ちゃんに説教していますが、それも先生の口癖らしい^^ あとは、遊ぶときは思い切り遊ぶ!と言っていました。メリハリは大事ですよね。とっても参考になる話を聞けました。あと残すところ3ヶ月、先生に親子共々色々教えてもらおう。