プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
9歳、7歳、4歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
次女の長所探し

P1050367

次女が手がかかると書いたけれど、育児書を読んで改めて思うと、次女もいいところいっぱいあるじゃないか!と気付きました。お兄ちゃんお姉ちゃんがいて、付き合わされて思い通りにいかないこともあるけれど、いるからこその良さもいっぱいあるなと。

☆きっちり生活習慣

小学校や幼稚園に通うお兄ちゃんお姉ちゃんと共に、起床も就寝もご飯の時間もきっちり。食べながら遊んだりもあまりしない。お腹いっぱいになると牛乳に手をつっこむことはありますが・・。

☆好き嫌いなし

上の子たちの影響でチョコ大好き、お菓子大好きだけど、野菜も果物も好き嫌いなく食べる。ブロッコリーや葉物も、上の子たち以上にしっかり食べる。みかんも薄皮向かずにぺろりと食べられる。今日のご飯はひじきと金平ゴボウ、全部ご飯の上に乗っけて、お箸で上手に食べます。お味噌汁も大好き。でもご飯にかけるのはNG。

☆人見知りなし

公園で子ども、特に自分より小さい子を見ると絶対に近寄ってあいさつにいく。人が大好き。でもそれ以上に犬猫等動物をこよなく愛する。

☆自分で

結構なんでも自分でできるかな。靴下を履いたり、勝手にお姉ちゃんのパンツを履いたり、服を着たり、お皿によそったり、歯磨きしたり、うがいをしたり。手洗い歯磨きは自主的に洗面所に来てくれます。

改めて書いてみると、結構しっかりしてるじゃないですかっ。比較しちゃダメですね。長女が本当にしっかりした子だったんです。でもその分大人しかったり、ちょっと人見知りがあったりもしたから、人それぞれってことですね。長女が2歳くらいで届くようになったドアノブも、次女は軽々1歳半くらいで届くようになったので、いたずら盛りに家中自由自在に動き回れるということもあるし、活発という意味ではとても良いことだなと思います。ただ、人に伝えるのが上手ではなく、それが癇癪に通じるので、それがこれから克服できればいいかな。

保育園児ってスゴイなとよく思います。小さい子たちがしっかり手をつないで、しっかり歩くし、決まった時間に昼寝をできるし。保育園の先生ってスゴイなぁと思い、母親には難しいなぁと思うこともあるけれど、上の子たちのおかげで、決まった時間に決まったことをするという生活習慣はしっかり身についているような気がします。こうやって一緒に過ごせるのもあと1年と思うと、色々体験させつつ、一緒の時間も大事にしたいなと思います。でもこの昼寝の時間、やっぱりほっと一息~


スポンサーサイト
次女1歳11ヶ月 今年の抱負
魔の2歳でしょうか。次女に手こずっている私です。

その1、母親拒否。
牛乳入れるのも、オムツ替えるのも、服着替えるのも、母親拒否。わざわざ私に、「お兄ちゃんに、牛乳入れてもらう」と指差し言葉で伝えてきます。

その2、一人前気分
みんなと同等に扱われないと怒りが爆発。

その3、伝わらない言葉
言葉が出てこないので間違ってとらえてしまいこともある。そうするとやっぱり爆発。

その4、泣きが激しい、思い通りにいかないとゲンコツで殴ってくる

その5、母親拒否のわりに、私から離れられない。

あまりにも激しく大変で、引きこもりたい気分。外出は主人がいて手がある時や、場所によっては、次女と留守番させてもらったり。自宅から30分の距離にある実家へも、年末に行ったのは数か月振りでした。北海道でも本当に大変でした。ただ大変さを、主人も分かち合って、理解してくれたことが救いでしたが。スキー場での初日はチェックインまで居場所がなかったので、今後の動きを考えるために、初めての託児をしてみました。長男や長女も1歳くらいの時に保育園に預かってもらったりしましたが、最初は泣いてもすぐに遊びだし、迎えに行くときには帰るのに渋るほどでしたが、次女は昼休憩で迎えに行ったら、泣き疲れ寝ていました。託児所でも、キャンセルできるから午後はやめた方がいいのでは・・・と言われるほど手こずったらしい。まだ1歳とはいえ、2歳目前だし、あと1年で入園。今回、いろんな課題を感じました。

次女の今年1年の目標は、入園に備えて、自分の気持ちを言葉で伝えること、感情をコントロールすること、親から離れる機会を作ること、同年代と過ごすこと!です。 成長の1年になりますよーに。
弘法山

P1050235

3連休の初日、久しぶりに山のイベントに参加してきました。富士山キレイでしょ~。ずいぶん歩くようになったので、ただの抱っこじゃない、次女の山歩きデビュー。秦野から鶴巻温泉まで歩きます。

P1050233

前に一緒に参加したこの子も2歳になり、がんばって歩きます! 長女はこの子にべったり。「手つなごうか?」といつものお姉ちゃん顔。つられて年下の次女まで、やけにお姉さん面して歩いてます。が、保育園育ちのこの子の方がしっかり、まっすぐ歩くし、ちゃんとお話しできる。次女は石が気になってすぐに立ち止まってしまう。。。

P1050239

歩いたのはこんな道。散歩程度の本当に歩きやすい、気持ちの良い道でした。あっという間にお昼休憩。

P1050237

子どもたちの楽しみのひとつはお昼のお手伝い。スタッフが毎回献立を考えてくれて、スープやらパスタやらを用意してくれるので、そのお手伝い。もちろん次女もじっとはしていられない。

P1050236

みんなが運ぶお手伝いをしているのを見て、何かできないかと考えたらしい。各自取る用に置かれたパスタを、せっせとお皿に分けていた^^ 

久々の参加ですが、ずいぶん顔なじみもできて、このイベントと共に子どもたちも成長し、いいイベントだなと毎回思います。今回は途中抱っこあり、昼寝ありの次女でしたが、あと数年したら完歩できるようになるかな~。素敵な1日をありがとうございました♪


次女の言葉
長男が赤ちゃんの頃から見続けているブログがあって、書いている人は、外国に住みながら日本語や日本文化をとても大事にしている人で、いつも参考にさせてもらっているのですが、その人は赤ちゃんにとにかく話しかけ続けたんだって。家事をしていても、自分のやることなすこと実況中継してみたり、散歩に行けば話しかけるし。子どもは10か月で言葉を話し始め、1歳ちょっと過ぎくらいには、日本に住むおじいちゃんおばあちゃんたちとまったく困ることのないぐらい日本語で会話ができたんだって。

1歳9か月の次女が、まだあまり言葉が出てこなくて、早く話せるようになってほしいな~と一生懸命話しかけているのですが、ここにきてちょっとずつ、言葉っぽくなってきたかな。今まで全然返ってこなかった挨拶も、「おはよー」は、自らしてくれるようになりました。ドアの鍵を開けるのが好きで帰宅時は開けてくれるのですが、自分で鍵を持ちつつ「あーけーてー」とか、長女が開けたくて鍵を奪ったら「ちょーだい」とか。お風呂に入っておいでと声をかければ、お兄ちゃんに「はいろー」と声をかけたり。教育チビ母さんに、餌付けされながらばーば、じーじ、パパも言えるようになったし^^; 母子手帳の2歳のページを見ると、もう2語文とか出てきちゃうわけで、焦る気持ちもあるけれど、ちょっとずーつ、ほんのちょっとずつだけど変化が見えてきたかな。
絵本と子育て
今日は急な欠員のため家庭教育学級に参加。「見えない力を育てる絵本」と題し、福音館書店の絵本研究室の方のお話を聞いてきました。絵本は身近な存在で、とても大切なことというのはなんとなくは分かっているのですが、絵本に携わっていて、しかもお母さんとしての立場としても色々お話を聞けて、すごく肩の力が下りたり、心が洗われた気分になったり、再確認できたこともあり、とても有意義な時間でした。子どもと大人の感覚の違いなどを聞いて、子供の目線での絵本の捉え方を聞くと、なるほど、自分は字を読むことに一生懸命で、絵をじっくり見られていなかったな~なんて思ったり、飛ばしてめくる子に対して、全部読もうと思わなくていい、その子の心に響くページがあるのだったら、それをじっと読ませてあげればいいんです、とか。大人は時計の時間に沿って進むけれど、子供は出来事時間で進んでいくので、それを一緒に楽しんだり、待つ気持ちが大切なんですよ、と。絵本に対して、今までとはちょっと違った角度から触れ合うことができそうな気がしました。普段の子どもへの対応もね。

2時間あった講演の間、幼稚園の同じ部屋の隅で託児コーナーがあり、次女を預けました。見える範囲なので、すぐに戻ってくるのかなと思っていたら、2時間ずっと、他の子たちや、役員のお母さんたちとご機嫌で遊んでいて、一度も私の席に来なかったんです。子どもが大好きな次女、いつも私と一緒の時間だけではもったいなすぎるなぁと再認識。毎日でも児童館にでも連れて行ってあげなきゃね。いつも、長男長女が出かけると、帰ってきてからの準備に追われて、ふたりの時間があっという間に過ぎてしまうのですが、それではダメですね。それにしても、今日は本当にいい子で、まわりのお母さんたちからも、親と離れられることを褒められ、機嫌よく周りの子たちと遊べることを褒められ、静かに遊べることを褒められ、いっぱい褒められました。本当にいい子だった。こんなに集中して人の話を聞けたのっていつ以来かしら。いい時間をありがとう。
本もたくさん紹介してもらったので、これからもいっぱいいっぱい読んでいこうと思います!