プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
9歳、7歳、4歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
一足先に
連合作品展、ひとりで行ってみました♪ 会場が近く、無料なので何回足を運んでもいいし、ゆっくりじっくり見たいなと思ったのですが、思っていた以上に大規模な作品展でした。町だけの物だと思ったら、県全体から集まった作品展で、テーマも作品の内容も様々で、見ていてわくわくするような作品がたくさんありました。図画工作だと平面から立体まで、紙、木、銅版、色々な素材があり、学校の特色もあって面白い。切り絵も素晴らしかった。紙をぐるぐるにして張り付けていく作品もステキだった。点描画も奥深く、どれもやってみたいと思うものでした。中学生になると、漆、銅版、木彫、ガラス工芸、芸術です! こういう心に響く体験は、感性の栄養に本当に大事なことなのに、忘れていた感覚だな。こういう刺激、いっぱいいっぱい浴びなくては。そして、長女の絵も、実際に見たらさらに素敵でした。タイトルも、粘土で作られた空飛ぶハートも、色彩も、とても平和で美しかった。明日は子どもたちと行く予定。帰ったらきっとみんなの工作タイムが始まるだろうな!
スポンサーサイト
連合作品展
小・中学校連合作品展というのが美術館で開催されています。公立小中学校から選ばれた図画工作、書写、裁縫など、色々なジャンルで展示されるのですが、なんと今回長女が、図画工作で選ばれたそうです。主人に出品の案内を送ったら、今日しかチャンスがない!と30分後くらいには足を運んで見に行ってくれました。送られてきた写真には、長女の夢あふれる作品が♪ 昔は白い紙があれば、数字の羅列、ひらがなの羅列、”あ”のつく言葉、”たしざん”等、決して絵の描かない子でしたが、ここ最近は絵本作家になりたいと物語を描いたり、デザイナーになりたいと、〇〇コーデ☆とかオシャレな服を書き貯めている長女です。そんな長女の作品は、見ているとハッピーになれる素敵な作品に仕上がっていました。週末にはみんなで見に行く予定。創作が苦手だった私は、そんな子供たちを尊敬の眼差しで見てしまいます。
原因は・・
長女の舌にぶつぶつが出た。学校から帰っておやつを食べて、さあレッスンへ行こうというところ。ヘルパンギーナとか溶連菌とかが思い浮かんで、溶連菌なら薬服用後24時間で登校できるようになるから、早く病院へ行かなければ~!と今後の予定を立て、主人に早く帰ってきてもらって、ピアノのレッスンが終わったところに迎えに来てもらって、お兄ちゃんがヴァイオリンのレッスンを受けている間に病院へ。

その結果・・・




なんとビタミン不足。。。だそう^^;;; 口内炎みたいな状態らしい。。。感染する病気でなくて良かったけれど、あちゃーという感じ。ビタミン剤を出されて、今朝はもうぶつぶつはひきましたが、このインフルエンザとか流行る時期にビタミン不足じゃダメですね。しっかり野菜取らなくちゃ。。。次女の幼稚園のように、どうせ野菜では補えきれないから、毎日ビタミンゼリーを幼稚園で配る!というのはありがたいことです。うちでも用意しておこうかな。もちろんまずは食事からですが。

整理
私は自分が嫌になってしまうくらいに片付けが苦手。もっと綺麗にしたいのに、ぽんっとモノを置いてしまうし、手が届く範囲に置きたがる。。。片付ける場所が決まっていたらちゃんとやるのにーなんて、子供のようなことを言ってしまいたくなる。収納の本を借りてきたものの、どこから手をつけてよいのやら。。。それで、整理の得意そうな長女に読んでもらってみた。「こういうのは最初のページからやればいいんだよ!」と。まずは引き出しの中から!とパパッと整理をしてくれた。その出来栄えに長女も大満足。実は長男もやる気になるとすごく整理をする。この間お道具箱を見てびっくり。自作の仕切りができていて、きちっとモノの住所が決まっていた。長女と長男の違うところは、モノへのこだわりが少ない長女と、モノへの執着心が強い長男。私は長男よりの性格だな。各自自分の引き出しを整理したら性格が出て面白い。みんなに協力してもらって、奥まった部分から手をつけ、ちょっとずつ綺麗になってきました。きちんとしていると気持ちがいいですね。綺麗になった引き出しを何回も開けて見たり、棚を開けてみたり(笑)。でも見える部分はまだ全然^^; 劇的に変えたい! でも欲張らず少しずつ。。。
本の虫
「小さなおばけ」シリーズ、全33巻読破。とりあえず図書館で手に入る分は全て借りました。長女が気に入って読んでいるうちに、次女も一緒になって読むようになり(字が読めないのに真剣に読んでます)、そのうち、長男も楽しんで読むようになり、私はアッチが好き!とか、ソッチ可愛いよね!とか、おばけトークが弾みました。児童書だけど、読んであげるにも苦にならない長さで読みやすく、とても楽しめました。

学校にも数冊あるそうで長女にリクエストされた「へんてこもり」シリーズ。こちらは全5巻。一瞬で読み終わってしまいました。長女はお気に入りのようですが、これは長女以外読んでいなかったようです。

これまた長女のおススメ。「ばけたくん」シリーズ。これも全5巻。いつも10冊は予約した本を借りるので、長女と一緒に図書館に行った日は、3冊選んでとお願いしたのですが、片っ端から読み始め、あれじゃない、これじゃないと、3冊選ぶのに30分以上かけてました^^; 本屋さんに行っても、すごい勢いで読み始める。時間がある日は一日図書館にいさせてあげると幸せかもしれないですね。

私は4年生で江戸川乱歩に出合うまでは全然本を読まない子だったので、暇さえあれば、いやいや、暇がなくても、起きた瞬間や寝る直前まで本を読んでいる子どもたちがスゴイなと思います。たくさんの本に出合えるといいですね♪