プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
9歳、7歳、4歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
花・音・宇宙まで

P1050249

長男がクリスマスリースを作ってきました。学校でのイベントで、お花屋さんが来てくれての体験です。土台はすでにできていて、そこに飾りをちょっとずつ針金で止めていく、時計回りで止めていくと、綺麗に止まっていくようです。親子での参加だったイベント、主人にお願いしました。ほとんどお母さんたちが来ていたそうですが、みんな親がやってしまう中で、長男は大好きな分野なので、自分の好きに黙々と進め、お花屋さんには「アートだねぇ」と褒められたのかなんなのか、コメントを頂いたそうです(笑) クリスマスについても学んだようで、クリスマスの色は、赤=キリストが流した尊い血の色、白=純潔、緑=永遠の命、の三色が基調色なんだとか。素材の種類と意味もそれぞれあり、常緑樹=生命力、ヒイラギ=魔除け、ヒイラギの実=キリストの血、りんご=収穫の感謝、命の象徴なんだそうです。長男、とてもダイナミックに仕上げました。

P1050247

そんな長男、元々花好きな人なのですが、さらに興味を持ったようで、お花屋さんに行きたいんだと言ってきました。そして、今回教えてくれた学校の隣のお花屋さんへ。長男はピンクのバラが欲しかったんだって。それから、お店にいたリースの先生が、がんばったで賞としてガーベラをプレゼントしてくれました。ここのお花屋さんは、近隣の庭園も手掛けているんだそうで、お花に興味がある子なら感じるものがあるよ、ぜひ来てねと教えてくれました。有名な庭園が何カ所かあって気になりつつ、行ったことがなかったので、いいきっかけになりました。今度行ってみよ♪ 長男は今度はお花屋さんにリースのお礼のリースを作るんだと張り切っています。お店は毎日の通学路、素敵なものを作って届けられるといいですね。

そういえば、長男の滲出性中耳炎、完治しました。ヨカッタ~。年齢のおかげか、毎日せっせと通ったおかげか、長引かず1週間という短期間で治りました。寡黙な先生なのですが、「きみ上手だね~、みんなキミみたいにできたらいいのに」とラッコ治療をとても褒められ、毎日の楽しみだった耳鼻科通いでした。従弟もかかって長引いたと聞いていたけれど、島には診療所はあっても専門医がいないからそんな治療もなかったなーって言ってた。島といってもそんなに遠いわけじゃない、同じ県なのにね。島でも病院とかしっかり備えてくれると、子連れには心強いですけどね。なかなか難しいのかな。この中耳炎、熱や痛みを伴わないので気づきにくく、乳児だと耳をよく触るとか、幼児だとテレビの音が大きい、返事をしないとかあり、小学生の低学年だと、協調性がない、落ち着きがないとかの症状になるんだって。低学年くらいでかかりにくくなる病気だけど、それって結構気づきにくそう~。長男は体がまだ幼児並なので、それで聞こえにくいという症状が出てまだ分かりやすかったけど、今後も気を付けて様子をみないとね。

長男とはじめてふたりきりでコンサートに行ってきました。私の出身大学のホールで行われたコンサート。以前から長男をコンサートに連れていきたいなと思いつつ、なかなか幼児連れでは叶わず、病院でのコンサートとか駅でのコンサートだけだったのですが、次女が就学児になるのを待っていたら、長男は6年生で、大事な時期を逃してしまうなぁと思い、主人の空いている冬のコンサート探し。かといって、はじめてだからプログラムも難しい。やっぱり知っている曲だったり、好きな楽器だったり、わかりやすいのがいいなと。ヴィヴァルディの四季の全曲コンサートとか、ブランデンブルグとか好きそうだけど、プログラムが長いかなとか色々考えて、今回、障がいとアーツというテーマで2日間行われていたイベントの2日目のコンサートに行ってみました。ダウン症の書家、金澤翔子さんの書がオープニングで、その後、目の見えないけれど世界で活躍する演奏家たちの歌や、ベトナムの民族楽器、ヴァイオリンなどの演奏もありました。オーケストラの演奏では、音を色に変えて~ということで、映像も交えたラヴェルのマ・メール・ロワの演奏があったり、目が見えなかったり、耳の聞こえない子どもたちが舞台の上のオーケストラの中に入り、音の振動から音楽を感じたり、すべてに説明が入るのでとても分かりやすく、刺激的なコンサートでした。いろいろなワークショップもあり、もしも世界から光がなくなるとして、それでもあなたが何かを表現したいと思ったらあなたはどうしますか?というめかくしでのおえかきイベントなどもあったそうです。実際に盲目の画家っているんですよね。目が見えなくなったら、絵を描こうなんて思える?と私には想像もできないけれど、長男は目が見えなくなったら、自分の目には宇宙が見えてくるんだ!だそう。はやぶさ2の出発以来、宇宙に夢中なのでね^^ 刺激的な週末でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ranran329.blog27.fc2.com/tb.php/1417-12b655a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)