プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
9歳、7歳、4歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
いよいよ
ついに出産に向け入院しました。
この日、体調が良く、従弟のたっくんも実家に来ているというので顔を出し、樹も私ものんびりした1日を過ごしました。夕飯後自宅に戻り、山帰りの主人も無事に戻ってきたので一家団欒。入浴後、樹を寝かしつけながら樹といろんな話をしました。「お兄ちゃんになる」と言われると拗ねてしまう複雑な心境みたいなので、「妹が生まれてバタバタするけど、樹はお父さんとお母さんの大事だよ」って。「大事ね~」って嬉しそうに私のお腹を撫でてちょっとホッとした様子。その後オシッコやら空腹やらで寝かしつが中断されたその瞬間、あ…破水しました
入院準備は一応してあったのですが、樹の準備を考え始めたらなんだかバタバタパニックです。
病院に連絡、実家に連絡、主人の実家に連絡…と思ったら、なんと主人の妹ちゃんの子がまさに生み出る瞬間でした。
タクシーで病院に向かい受付が病棟に連絡。途端、慌てた顔で「動かないで、車椅子持ってきますから」と。そういえば破水って危険なんだよね、樹の時もそうでした。でも痛みがないから気が緩むんです…
普通に入院、分娩のつもりが、問題がありました。現在35週と5日。かかりつけ病院では36週未満の子を小児科が受け入れられないんだと。たった1日くらいだけの違いなのに。体重はギリギリ大丈夫じゃないかという話で小児科と交渉してくれたのですが不成立。別の病院に転院となりました。なんと2日前に会った太平くんが生まれた、病院の前を通ったばかりの、あの愛育病院です。しかも、主人の会社の人のお母様が産婦人科部長だという不思議な縁。夜中に救急車で搬送されました。担当医も同乗してくれて安心だし、救急隊員も「六本木ヒルズですよ」なんて観光案内(笑)
病院では抗生物質の点滴と消毒(なんとイソジンで笑)。張りはたまにあるものの痛みはないままで、夜中に主人は実家に樹を連れて行ってくれました。まもなく生まれるかと思いきや、朝にはすっかり張りは落ち着いちゃいました。「良かったですね~」と言われるので良かったんでしょう。体重が2500gあるか微妙なのでね。早産+未熟児よりはもう少しお腹にいた方が確実ですからね。感染症にならない限り促進は使わないそうで、LDRから集中治療室に移り、安静の日々がスタートしました。赤ちゃんは助産師に驚かれるくらい元気に動きまわってます。
急でビックリしましたが、そう遠くない日に対面報告できそうです
スポンサーサイト

コメント

そろそろなんだね!!
元気な赤ちゃんが生まれてくることを遠くから祈ってるよ~☆
[2010/01/11 18:09] URL | かおりった #- [ 編集 ]


かおりったサマ
コメントありがとう。2人目でもやっぱりその瞬間はドキドキ。イメトレがうまくいくこと祈っててね~ ドイツは寒波で大変みたいね 体に気を付けてね。
[2010/01/11 19:10] URL | ranran #- [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2011/01/14 05:34] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2011/01/16 12:52] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ranran329.blog27.fc2.com/tb.php/620-1ab803d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)