プロフィール

ranran329

Author:ranran329
☆ranran☆

9歳、7歳、4歳の3チビの母。子育て満喫中♪

ブログ内検索


最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

のだめSオケフルーティスト ranranの子育て日記
10歳、8歳、5歳の3チビ子育て日記。子育て満喫してます!
この1年を振り返って
この1年のことを考えていました。新しいことを始めて生活ががらりと変わった1年で、スタートする前は正直不安ばかりでした。オーディションや試験を受けて踏み出した1歩でしたが、楽しみや喜びよりも不安の方が大きかったな。でも無事に1年が経ちました。1年前がずいぶん昔のことのようです。とりあえず1年だけでしたが、オケも全出席。予定がかぶってしまって、県をまたいではしごしたり、とりあえずオケ優先にしてこなしてきましたが、とても楽しい時間を過ごしてきたようです。辞めてしまうのは残念なので、形は同じでも、”2年間お休み”と息子とは話しています。再び入団したい時はまたオーディションを受けることになりますが、やりたければまたできる!という意味で。今は最後の定期演奏会に向けて、展覧会の絵に力を注いでいます。第九の時には第九が一番好きと言っていましたが、今は心が展覧会の絵で満たされている(笑)。音楽をかければそのストーリーを妹たちに話してあげ、1日中口笛で演奏。それだけ心も頭もいっぱいなんです。オケだけど分奏ではひとり弾きさせられる!と必死で練習もするようになり、その緊張感の中で自信を持って弾けるようになったようです。心もだいぶ成長してきたかなと思います。次の1年はどうかな。長男は2月からまた生活が変わって、やっとリズムができてきたところ。4月からはさらに長女の予定も加わってくるので、これからどうなるかな・・といったところですが、1年経った時に、いい1年だったなと思えるように、日々精進していけたらと思います。
息子のクラス、最後の席替えをしたそうです。息子が「神」と表現する女の子がいます。とても優しく笑顔の素敵な子なのですが、年明けの席替えで、彼女が隣の席になったそうなんです。そんなある日、息子の宿題の字が素晴らしく綺麗で私が驚いたら、「隣に神がいるんだ!」と。はて?と思ったら、神と称するそのお友だちが隣の席になって、ちらっとノートを見たら、とても大きく見やすく綺麗な字が書かれていたんだと。パッと自分のノートを見て頭を抱えた息子は、その瞬間から、自分もどれだけ綺麗な字が書けるか気を付けるようにしたんだそうです。それからしばらくして、再び適当な字が並んでいる息子の字を見てどうしたのか聞いてみたら、席替えがあって神が遠くに行ってしまったんだと(爆)分かりやすい人です。そして、つい2日ほど前、再び綺麗な字を書く息子がいて聞いて見たら、なんと再び神が隣になったんだーーーー!!!と。いやいや、努力で書けるんだから、神云々でなく、がんばって綺麗に書いてくれよーと思いますが、そういうことではなく、すべては心の問題ですね。でも、風がなびくような、本人も読めない字だった息子が、本当に綺麗な字になりました。あと2週間ほどで4年生もおしまい。最後のクラス替えです。神と同じクラスになれればいいですね♪ 息子のクラスの子たちはみんな友だちのいいとこ探しが上手で、みんなで褒め合う、そんな素敵なクラスでした。先生の影響も大きいのかな。担任も持ち上がってくれたらいいのになぁ。
おりがみクラブ
新4年生が集まらないと言っていたおりがみクラブでしたが、一転して、同時に12人も入部希望者が来てくれたそうです!これで設立決定ですね!発起人として、クラブ設立届に、遅くまで一生懸命活動内容を書いていました。もう5年になるのか。高学年か。早いな~

おりがみクラブの準備をしながら、息子のポケットの中はいつもいろんなものが入っています。以前は鉄くずでしたが、最近はずっと折り紙とテープのりで、いつでもどこでも作れるようになっているのですが、昨日からは布とリボン。私が作ろうと思っていたペットボトルキャップで作るミニハット、昔幼稚園のバザーで見つけて、あまりの可愛らしさに購入したのですが、簡単に作れるんだそうで、作りたいな~♪と調べていたところ、「これ、いいね!」と横から入ってきて、朝パパッと材料を準備して、学校から帰ってきたら出来上がっていた(笑)仕事はやっ!我が家で一番女子力の高い人^^ 可愛いもの、綺麗なものに目がない人なんです。

作り物
お正月に主人の実家に行ったら、素敵なくす玉がありました。主人の妹とお母さんで作ったんだそうで、とても目を惹く素敵な作品でした。それから数か月経ち、息子のユニット折り紙ブームがあった中で、インターネットでその作品を見つけ、じゃあやってみようか!と。折り紙を60枚も使うんです。花びら1枚につきおりがみ1枚。花びら5枚でひとつの花ができ、それを12個作る。まずは折り紙を1/4サイズにして挑戦。単純な作業で、夢中で作って、あっという間に完成!それを見て欲しがった次女のために、1/16サイズにして、病院での待ち時間に一気に作り上げました。そしたら今度は大きいのを作ってみたいと長女と次女。フルサイズで作ることになり、2人分で折り紙120枚^^; やればやるほど止まらなくなる。中毒ですね^^;;; 折り方は単純なので、ひたすらみんなで折っていました。

それからぬいぐるみ。次女にねこのぬいぐるみを作ってあげたのですが、その可愛がりようがすごくて、次女には、本当の命あるねこに見えているのではと思うくらい。夜寝るのも、ご飯を食べるのも一緒なのですが、ねこが何か言えば(私がねこのフリしてしゃべるのですが)、その子の言うことをなんでも聞いてあげ、お姉さんの顔になり、そして、ねこに好かれ頼られることで、自信と安心感を得られている、そんな次女の姿があるのです。末っ子の次女が欲していたものは、自分を頼ってくれる存在だったのかもしれない。それを気付かせてくれたねこは、我が家ではすっかり家族の一員のように、すごい存在感なのです。

夢中になりすぎてしまう長男を見ながら、私もそれに巻き込まれそうになり抑える。人のことを言えないほど、私もやり始めると止まらなくなってしまうので。次の作りたいものも息子とかぶってて、これからその嵐が来そうな勢い。やりだしたらはまりそう。止まらなそう。。。

クラブの発起人
幼稚園の時は、人と遊ぶよりも、一人でもくもくと製作しているのが大好きだった長男。今では、クラス代表として活動したり、応援団をしたり、みんなをまとめたり引っ張ったりするのが好きな、そんな子に成長しています。4年生から始まったクラブ活動、今年は調理手芸クラブに入り、刺繍した素敵な時計を作ったり、ケーキやフルーツポンチを作りみんなで食べるなど、楽しい時間を過ごしました。クラブは毎年更新されます。こんなクラブを作りたい!と言いだす人がいて、そこに4年から6年の全学年を集めることができればクラブが設立されます。今年は息子が発起人となり、「おりがみクラブ」を発足させようと、今仲間集めをしているところ。最近はくす玉作りにはまっていて、アートなくす玉に挑戦している息子です。算数の問題も、折り紙の説明書も、すでに私が解読不可能なものを解いていく姿を見て、生まれてからまだたったの10年だけど、素敵な歩みをしてきているなぁと感じます。